« マイケルジャクソン、ファラーフォーセット | HOME | 自信を持って奨められる〝S〟(後編) »

 

自信を持って奨められる〝S〟(前編)

2009年6月27日 13時14分 | posted:HIRO

iphone3gs-5

 
前編|後編
 
〝S〟の称号を受けたiPhone 3GS はかなり〝使いやすく〟なった。

「使いやすい」という言葉は多面性を持っている。100人中99人が「使いにくい」と思っていても、1人が「使いやすい」と思っていれば、それはその人にとって「使いやすい〝もの〟」だ。だが、それが「一般的に使いやすいものかどうか」と言う、一般論となれば、「使いにくいもの」と位置付けされる。「便利かどうか」というファクターも「使いやすいかどうか」という判断基準に含まれる場合もあるだろう。

これまで、「iPhoneって使いやすいですか?」と聞かれると、正直微妙な反応しかできなかった。私にとって便利でも、その人にとって便利かどうかは分からないからだ。その都度、その人の「利用のしかた」を想像しながら答えてきた。

「パソコンを常に使っていて、電話帳やスケジュール、ブックマークなどを持ち歩きたいのなら、これほど便利なものはありません。但し、携帯の延長線上にある高機能なものと考えると、きっと使いにくいと思いますよ」と。

では、「便利か」と問われれば、即座に「便利です」と胸を張って言えた。私にとってこれほど便利なものはない。そこには、「使いやすいかどうか」というファクターは含まない。正直、使いにくいと思っていても、便利なものは便利だ。人によって便利さを優先するか、使いやすさを優先するかは変わってくる。
では、胸を張って「便利」とは言えるのに、「使いやすい」と言えなかった理由の1つ、それは処理速度(反応)を含むスピードだ。

iPhone 3GSは満を持して〝S〟の冠を授かった。

後編へ続く


Category:Personal Computer | 





Comments