« 8GB SDHC | HOME | 感動した »

 

iPhone 3G マップが経路に対応

2008年10月29日 10時15分 | posted:HIRO

iPhone OS 2.2に搭載されると噂の「ストリートビュー」に対応する準備だろうか、GoogleMapの「ルート案内サービス」の開始にあわせてか、iPhone 3Gのマップがやっと〝経路検索〟に対応したようだ。これまでも対応していたのかもしれないが、購入後何度か経路検索をしてみたものの「2点間の経路が見つかりませんでした」と言ったようなアラートが出て検索できなかった。検索できそうなボタンが付いているのに出来なかった事がちゃんと出来るようになると、すっきりするし、何より便利だ。

出発地点と、到着地点は住所を入力しても良いし、予め連絡先に登録された友人や取引先の住所から入力しても良い。また、マップ上でピンをドロップしても検索可能だ。連絡先に登録された住所にビル名などが入っていると検索できないようだが、手動で消せば、ほぼ検索できるようだ。
 
Root On iPhone 3G

上部に右折するなどの指示が出る

検索後、右上の「開始」ボタンを押すと、「出発地点」へズームインし、「開始」ボタンが「← →」に変わる。この→ボタンを押す度に地図がスライドし、次の主要な交差点へ移動する。おまけに交差点名が上部に表示され、直進、右折、左折などの指示が出る。

ノースアップや、ヘッドアップなどの機能がないし、喋って教えてくれるわけではないのでカーナビ代わりとまではいかないだろうが、車を止めてきちんと調べていけば、迷うことなく到着できるレベルではあると思う。

検索が出来ることに気がついたのは、知り合いのデザイナーさんに教えていただいたApp、「PhotoShare」の写真を見ていた時だ。タイトルは「できた」。その写真を見てみると、マップの検索が出来てルートが表されていた。早速自分のiPhone で検索してみて出来るようになったことが分かったわけだ。

この「PhotoShare」もなかなか良い。時折腹を抱えて笑ってしまう様な、洒落っ気たっぷりの写真が掲載される。「最新のアルバム」、「人気の写真」等のカテゴリにぜひ、「爆笑編」と言った項目を設けて欲しい。きっとユーザーが増えるのではないだろうか。


Category:Personal Computer | 





Comments

One Response to “iPhone 3G マップが経路に対応”

  1. JIN さんからのコメント 2008年10月29日 20:19:35

    Appleは日本で販売するMacの価格に対して昨今の円高を消費者へ還元すべきだと思います。
    現在の価格設定はレートが1ドル125円換算。。。
    一体いつのレートなんだ!?
    仕入れ時のレートと販売時のレートの差は多少あると思うが、昨今の円高基調の中でレートの差から暴利を得るのではなく、適正な価格で販売すべきでしょう。
    これは消費者として当然の主張。
    現在のレートではMacMiniは5万円台〜MacBookProは19万円台〜MacProにいたっては27万円台〜という販売価格となるはず。
    そんなぼったくり商売やってるから日本では販売不振なんだよ。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.







 

« 8GB SDHC | HOME | 感動した »