« MacBook ProのHDから異音 | HOME | MacBook Proの故障2(修理依頼編) »

 

MacBook Proの故障1(あえなく撃沈編)

2008年10月11日 18時44分 | posted:HIRO

昨日こんな記事を書いたからでは無いとは思うが、昨夜、何の前触れもなくMacBook Proが故障してしまった。

日中、仕事をしている時は問題無く使えていた。帰宅して夕食後、調べたいことがあったので、電源を入れる。ところが起動音は鳴るものの、画面が真っ暗なままだ。

「え? もうHDが逝ってしまったのか?」

と背筋が凍ったが、昨日、下の記事でこのブログに〝Time Machineにバックアップがとってあるので安心〟と書いたことを思い出しながら、落ち着きを取り戻し、冷静に対応を考えてみる。

本体に耳を近づけてみると、HDの回転する音は聞こえる。その振動もある。ちゃんと(ちゃんと?)異音もしている。此処でもう一度背筋が凍る。
「液晶が逝ったか? 保証期間はとっくに過ぎている。修理費は、5万円コースだろうか。まさか、ロジックボードか? もっと高いのか? いや、確か今は上限一律5万円だっただろうか?」

ちょうどこの時、ジャイアンツの優勝の様子がニュースで流れる。焦っているのに嬉しいという、変な精神状態になる(笑)
PRAMクリア、PMUリセットを試すも効果無し。意味無いだろうと思いつつ新規アカウントを作成してそちらでログインしても駄目。あとは、インストールディスクからの立ち上げでも駄目ならハード的な障害だろうと判断。

色んな憶測が頭をよぎる。「とにかく、明日事務所に行ってCinema Displayに繋いで調べてみよう」と気持ちを落ち着かせる。

と、そこでひらめいた。「どこでもMy Macで覗けないだろうか。」

幸い以前使っていたPowerBook G4が自宅にある。早速画面共有でアクセスしてみると、アッサリつながった。「こんな時にも役に立つのね」などと、妙に感心しながら、映し出された画面を覗き込むと、立ち上げ直後に表示されるパスワード入力画面。見慣れた画面が表示され、少しほっとする。

パスワードを入れると、ファインダーが出てきた。どうやら、ロジックボードが逝ってしまった可能性は、少し低くなったようだ。ちゃんと動いている。「となると、液晶か? まぁどちらにしても、5万円か・・・」と、このあたりになって、資金繰りを考え出す。と、同時に、

「来週発表されると噂の新型MacBook Proを買いなさいという神様のお告げか?」

などと、意味不明の極みな上に、元来からの優柔不断な人格が頭角を表す。

「あ、それ良いねぇ〜〜 ヾ(@⌒ー⌒@)ノ」とハイドが言えば、
「5万円の資金繰りを考えてる奴が、どうすりゃ
新型MacBook Proを買えるわけ?(ー0ー)」とジキル。
「だってさぁ、考えても見ろよ。さっきまで使ってた状態に戻すだけなのに5万円かかるんだぜ! それにさ、HDもやばいんだろ? さらに¥15,000-くらいかかるんだろ? 全部で¥65,000-もかかるのよ。使える状態にするってだけで。全くマイナスだよなぁ。でもさあ、新しいのを買うって事は新品のMacになるんだぜ。買っちゃった方が良くね? 」とハイドが返す。
「だから、そのお金どこから出すのさ」ジキル
「んじゃ、お前このMacBook Pro、一生使うわけ?」ハイド
「な訳無いだろ、いつかは買い換えるさ」ジキル
「じゃ一緒じゃん。その買い換えの時期がちょっと早くするだけのことじゃねぇ〜か」ハイド
「・・・それもそうか・・・」ジキル

このあたりになってくると、二重人格になってくる。金銭感覚が麻痺した証拠だ。ジキルが負け気味になる。

取りあえず、修理に出す前に一応ネットで調べてみようとお約束のApple のサイトを覗いてみる。するとこんな記事が。

MacBook Pro:ビデオ画像が歪む、またはビデオが表示されない問題

2008 年 7 月、NVIDIA 社は、不良なパッケージング材料を使ったグラフィックプロセッサ (GPU) の一部で、標準値を上回る不具合が発生することを発表しましたが、発表当初、この GPU を搭載した Mac コンピュータで問題は発生しないとアップルに確約していました。アップルが調査したところ、NVIDIA GeForce 8600M GT グラフィックプロセッサを搭載した MacBook Pro コンピュータで問題が発生する可能性があることが判明しました。お使いの MacBook Pro に搭載されている NVIDIA グラフィックプロセッサに不具合が見られる場合、またはご購入いただいてから 2 年以内に不具合が発生した場合は、MacBook Pro の保証期間終了後も無償で修理いたします。

 
記事の公開日を見ると、何と「最終変更日時: 10 October, 2008」。
「は? 今日Appleが認めた不具合が、今日自分のマシンに降りかかってきたわけ?」
偶然にしては、話が出来すぎてやしませんか? 旦那ぁ(だれ?)

思いっきり該当している。「と言うことは無償修理か? 5万円浮くのか? その5万円を資金にしてHDハンディカム買って良いのか?」と、また訳の分からないスパイラルに陥りそうなのをグッと我慢して朝を迎えた。

つづく・・・


Category:Personal Computer | 





Comments

4 Responses to “MacBook Proの故障1(あえなく撃沈編)”

  1. sago さんからのコメント 2008年10月12日 9:40:06

    続きを教えてー

  2. も。 さんからのコメント 2008年10月12日 20:55:18

    私も同じく画面が真っ暗なままになってしまいました。
    昨日までは何ともなかったのに(笑)
    色々調べてるうちにここに辿り着きました。
    明日アッボーストアに持って行ってきます。
    去年買ったばかりなのになぁ

  3. HIRO さんからのコメント 2008年10月12日 21:24:57

    sagoさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

    続きを掲載しましたので、是非お読みください。
    あまり役に立たないかもしれませんが・・・。

    今後ともよろしくお願いいたします。

  4. HIRO さんからのコメント 2008年10月12日 21:30:00

    も。さん、はじめまして。コメントありがとうございます。

    > 私も同じく画面が真っ暗なままになってしまいました。
    > 昨日までは何ともなかったのに(笑)

    あらら。同じ症状のようですね。いよいよAppleも、SONYに倣ってタイマーを埋め込み始めたんでしょうか(笑)
    冗談はさておき、も。さんのMacも早くなおってくると良いですね。
    また遊びにいらしてください。

    今後ともよろしくお願いいたします。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.







 

« MacBook ProのHDから異音 | HOME | MacBook Proの故障2(修理依頼編) »