« よくやってくれました。Apple! | HOME | NIM’S ISLAND −幸せの1ページ− »

 

もう一度Panasonicにやられてみる

2008年9月25日 14時09分 | posted:HIRO

dmcfx37
またしてもPanasonic(あゆではありません)にやられた。

2006年の秋に購入したコンパクトデジタルカメラ、 LUMIX DMC-FX07 を「常時携帯デジカメ」として持ち歩いてたけど、家電に関しては根がSONY派なので「今度はSONY製のコンパクトデジカメを」とか思いながらはや2年。そこへこの秋CMで見たT77。あの薄さがいいなぁ〜と思ってしまった。

早速WEBで調査開始。頭のどっかで「Panasonicは見ないでおこう」と思っていたのだけど、案の定最後の最後にはうっかり見てしまい、広角25mmにやられた。結局 LUMIX DMC-FX37 に決定。購入寸前の最後の最後まで迷った結果。

決め手になったスペックは、

  • 広角25mmスタート。(光学ズームは5倍の125mm(35mm版換算))
  • 動画撮影:1280×720画素(16:9)、30コマ/秒で撮影が可能
  • 開放絞り値:F2.8

その他気になったのは、購入寸前にリリースされた「キヤノン IXI DIGITAL 3000IS」。デザインがかなり良い感じだったのだけど、残念ながら広角側が36mm〜。実物は見てませんが、Web上で見る限りデザインは結構好みなタイプなので、今度お店に行ったら見てみたいと思う。

CASIO EX-S10も気になった。下見に行く前はCASIOというメーカー自体、自分的には圏外だったのだけど、実機を触ってちょっとゾクッとした。手になじむ感じのデザインとコンパクトさ。質感もなかなだったけど、操作形態と言うか、インターフェイスがちょっとな感じと、広角側も36mm〜と言うことで却下。

PanasonicのLX3もかなり気になった。広角24mm! しかも光学ズームは2.5倍と男気を感じる結構割り切った仕様。しかもF2.0〜F2.8! RICHOのGRシリーズを意識した感のあるスペック。ちょっとマニアックな感じで面白そうだったのですが、実機を見て即却下。常時携帯には2まわりくらいでかかった。

広角は良い。撮影していて気持ちが良い。

しかし、SONYはあまり広角側に力を入れていないんでしょうか。かなり数が少ない。あっても28mmスタート。まだ試し撮り程度しか行っていないので、撮影に行く機会があればまた掲載したいと思う。


Category:Photo-Camera | 





Comments

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.







 

« よくやってくれました。Apple! | HOME | NIM’S ISLAND −幸せの1ページ− »